• 〒504-0957 岐阜県各務原市金属団地110番地
  • 058-398-6741
  • プレコン地下タンク設備における法定点検について

    地下貯蔵所タンクや地下埋設配管の法定点検の時期が改正され、平成16年4月1日より施行されることになりました。下表は、それに伴い当社の地下タンクはどのような対応をすれば良いかをわかりやすく一覧表にまとめたものです。これはあくまでも当社の製品についてのみ、その関係する箇所を抜粋したものですから、他に適用できるかどうかはわかりません。

    タンク本体について

    【1】漏れ防止構造(当社製造のタンク本体についての場合)
    1 タンク本体に高感度センサを取付け、
    タンク本体の漏洩を常時監視できるシステムを有するもの
    点検は免除される
    2 常時監視システムが無く、完成検査終了後15年以内の設備 3年以内に1回の点検
    3 常時監視システムが無く、完成検査終了後15年以上を経過した設備で次の作業を行なっている場合
    (1か2のいずれかが必要)
    1. 検知管で週に1回以上の漏洩確認をすること
    2. 1/100以上の精度を有する液面計を用いて一定時間の在庫確認を行ないそれを記録していること
    (一定時間の頻度は設備の内容により異なる)
    3年以内に1回の点検
    4 前記以外の設備 1年以内に1回の点検
    【2】二重殻タンク式(当社製造のSF二重殻タンクについての場合)
    1 内殻タンク(完成検査終了後何年を経過したものでも同じ) 点検は免除される
    2 FRP外殻(完成検査終了後何年を経過したものでも同じ) 3年以内に1回の点検
    【3】直埋コロッケ式(少量危険物専用)
    1 法定点検は義務づけされていない。(少量危険物の場合のみ)
    ※既設の地下タンクに危険物施設として申請されているタンクは該当しません。


    ※上記の減免条件につきましては、所轄消防本部へご確認ください。

    オイル管について(当社製造のタンクにおける一般的な配管設備の場合)

    1 オイル管がトレンチ内に布設されており、そのオイル管に高感度センサを取付け、漏洩を常時監視できるシステムを有するもの 点検は免除される
    2 常時監視システムが無く、完成検査終了後15年以内の設備 3年以内に1回の点検
    3 常時監視システムが無く、完成検査終了後15年以上を経過した設備で次の条件を満たすもの
    (1. か2. のいずれかが必要)
    1. オイル管がトレンチ内に布設されており、1/100以上の精度を有する液面計を用いて、一定時間毎の在庫確認を行ない、それを記録していること(一定時間の頻度は設備の内容により異なる)
    2. 地中埋設配管であってもオイル管に電気防食が施工されているか、若しくはFRP製の管で施工されている場合で、1/100以上の精度を有する液面計を用いて、一定時間毎の在庫確認を行ない、それを記録していること(一定時間の頻度は設備の内容により異なる)
    3年以内に1回の点検
    4 前記以外のオイル管の場合 1年以内に1回の点検

    以上の項目は平成16年4月1日より施行です。(将来、法規や運用指針が変更された場合はこの限りではありません。)

    (注)一定時間の頻度について
    (1)非常用発電設備の燃料貯蔵のように貯蔵することを目的とした設備は1週間に1回以上。
    (2)冷暖房設備や給湯ボイラーのように、常時使用している設備の燃料貯蔵の場合は、その設備により個々の在庫管理ほうほうがあります。

    ※上記の減免条件につきましては、所轄消防本部へご確認ください。

  • お問い合わせ
  • 新製品情報
  • チカタン独時のアイデア商品
  • 会社紹介
  • 〒504-0957 岐阜県各務原市金属団地110番地
    TEL 058-382-1195
    www.chikatan.co.jp

    ページ上へ